モテる服メンズの選び方流行の服を自分らしく「着こなす」

151515151

モテる服メンズの選び方、メンズスタイルの人気コーデをみてみる

 

 

モテる服メンズの選び方流行の服を自分らしく「着こなす」

 

おしゃれに敏感でな人でも、常にファッション雑誌やTVなどで、おしゃれについて勉強している人でも、中々異性から好意に思われないなどされた経験はないですか。流行の洋服を買う為に、平日働いてがんばったお金で流行のものを買う。沢山洋服を着て、どんどんとおしゃれが磨かれていくと思っている人もいるはず。ですが、少し損をしているとも感じます。

 

というのも、流行の服や雑誌に載っている服は、あくまでもそこには「テーマ」があり、「芸能人」というキャラクターがあり、「トレンド」というテーマの中で生まれているもの。また、情報のツール「テレビ」「雑誌」「インターネット」など、情報として視覚的に見ているその服は、あくまでも平面なんですよね。お店にディスプレイとして並んでいる服も同じく「平面」の服なんです。いわば、「静止している服」をイメージしてもらったらよいかと思います。

 

それを自分で着用してはじめて「動体」の服になると思うのですが、 「静止している服や」「動ごいている服」とはなんぞやと思われるかもしれません。それぞれ、流行の同じ服を10人の男性が着て10人が10人その洋服を着こなしているかと言えば、 似合わない人も中にはいるのではないかという事なんです。

 

そもそも人はみな骨格から体型から、肌の色、髪型が違いますよね。そこまでは、一般的に当然だと思いますが、そこが違えば、立ち方も、歩き方も、手足の動かし方も違うということなんです。 「洋服を着て、動いてみて初めてその服が自分に似合っているか」が分かるのではないかと思います。

 

アメリカブランドで少し肩幅が大きいデザインの服が流行ったとします。かっこよく着こなしている人もいますが、着こなしたい人はそれをどうしても着こなしたい。そんな時は、洋服を買う前にその洋服が似合う自分になるという努力ができるのではないでしょうか。運動をして肩幅を大きくしてみたり、食生活を改善しておなか周りをスリムにすることで、サイズを1つおとすならばっちりと着る事が出来るということもあるかと思います。
もてる男ともてない男の違いは、流行の服を流行だからと着るのではなく、流行の服を自分らしく「着こなす」そういう人なんではないかと思います。

 

151515151

 

151515151