20代男性のモテコーデ!ダサいと感じる服装は卒業しよう!

メンズ冬服コーデ、メンズスタイルの人気コーデをみてみる

 

 

20代男性のモテコーデ!ダサいと感じる服装は卒業しよう!

 

20才男性のダサい服装には、周りにいる女性もセンスはどうなっているのと感じてしまいます。暑い時期には一番上に着るものなど、汗をかくため色々と着替えると思います。冬の時期汗をかく量が少ないと、同じものばかりを着ていたりしていたら、女性からはセンスのなさを疑われるものです。ダサく感じる時には、ブランドものを着ていてもセンス良く思わないこともあるものです。コーディネイトに自信がない時など、雑誌をみたり店員さんのアドバイスなどから上下の組み合わせなど聞く事もダサくならない方法ですよね。以前はフィット感のないものが流行っていました。女性にも言えることなのです、最近はフィット感ある服装が多いですよね。

 

最近は身体のラインを細く見せる、フィット感あるものでのオシャレする方法が素敵と思います。ダサくならないためにも、程よいゆるみは大切です。また一番上に着るコートやジャケットに関しても、同じものを着ても似合う人と似合わない人とがいると言うことがあるのです。上着丈とパンツの丈に関しても、似合っていない場合にはとてもダサく感じるものです。20代男性には、子どもっぽくならない様にと着こなして欲しいものです。例えばくるぶしまである靴を履いてその靴を人目を引きたいために、パンツが短めになっていてはダサい人となってしまうのです。短めのパンツの裾の長さは、ダサくなり目立つものです。裾の部分の長さが少しだけダブっていることで、しっかりとしたオシャレがまずできているのです。着方によりパンツの裾を折り返すことも素敵です。

 

外側に着るジャケットなどいつも同じものを着ていたのでは、20代男性はダサク見られます。ジーンズ派などいつもジーンズという格好もありますが、女性はきれい目な服装も好きなものなのです。私が20代男性にして欲しい服装として本皮ではなく、素材の目立つ皮の様な感じに見える黒のビニールの半コートを着て欲しいのです。その下には紫系統のニットを着る事でオシャレ度がアップします。パンツにはジーンズではなく、薄いグレーで生地の厚めの綿パンをはいてくださいね。アクセントとしては、靴紐がある靴で目立つファッションとし、髪がたは少しの茶髪で毛先が上に向くような形として下さいね。

 

 

151515151