春服メンズコーデ!素敵だなと感じる男性ズバリ春コーデ術

春服メンズコーデ、メンズスタイルの人気コーデをみてみる

 

 

春服メンズコーデ!素敵だなと感じる男性ズバリ春コーデ術

 

男性が素敵だなと感じる春服メンズコーデは、「暖かみを感じられること」「軽やかさが感じられること」「爽やかであること」なのかなと思います。冬服と言えば、黒などの暗い色とウール等の厚みがある素材や毛足がある素材で、色的にも素材感としても重みがある服が中心だと思います。これは日照時間も短くて夜が長いことや太陽の角度が低いこと、そして気温も低いことから雰囲気的にも暗く重い雰囲気が漂う季節なので、服もそれに合わせたものになるのだと思います。

 

しかし春は日照時間が少しずつ伸び始め、太陽の角度も少しずつ高くなり、気温も暖かくなり始めます。それに伴い春の洋服も少しずつ暖かみの感じられる明るい色が合う季節になって来ます。例えば春服メンズコーデでのインナーは冬だったらコーデュロイシャツやネルシャツ等の厚めの暖かみのあるものが多いですが、春なので思い切ってシャツよりも春らしい、爽やかなマリンボーダーの長袖のカットソーにします。ボトムスは冬だったらノンウォッシュの少しワイドなジーンズが冬らしくトップスとのバランスもよいですが、そのイメージから一転して春らしさを出すために軽やかさが感じられるワンウォッシュのストレートのジーンズにします。色み的にもシルエット的にも軽やかさ、そして春らしさがアップすると思います。トップスは冬ならばウールのロングコートやリップストップナイロンのダウンジャケットなどのボリュームがあるものですが、そこから一気に春らしさを出すために暖かみが感じられる少し明るめのブラウンカラーのアンコンジャケットを合わせると素敵だなと感じます。

 

または冬よりも春服メンズコーデでトップスの丈が短くなり始めボトムスが目立ち始める時期になるので、ワンウォッシュのセミフレアのジーンズで明るさと軽やかさを出すのも良いと思います。ボトムが目立ち始める時期にセミフレアにすることで少し足長効果が期待できます。インナーは少し早いかもしれませんが明るめのオリーブドラブのコットンリネンのシャツを着用します。ジャケットは春らしくアイボリーのT/C素材の背抜き、もしくは裏地なしのレギュラーカラーのジャケットを合わせます。ボトムがワンウォッシュでジャケットもアイボリーなので全体的には春らしい明るさが感じられると思います。インナーはオリーブドラブにしてるので締りが出て、全体的に明るすぎてボヤケる感じを防ぐことができると思います。

 

 

151515151