春服メンズ大学生のお花見デートで、まさかの○○

 

151515151

 

 

春服メンズ大学生のお花見デートで、まさかの○○

 

まだ、付き合う前の初々しい頃、春も近く、花見に行こう!という約束を彼に取り付け、とっても楽しみにしていた。日が近づくにつれ、「男友達ひとり連れてくる」と言われ、”おぉ、友達紹介してくれるなんて一歩前進かな?”とちょっとドキドキして、更に楽しみになっていた。そして、約束当日。割と近い、市内の桜の有名スポットの、夜桜の下で花見をすることに。友達とは現場で待ち合わせすることになり、彼はお酒を飲むので私が運転、お迎えにいった。家の近くに車を停めて待っていると、窓をこんこんと叩き、彼が乗ってきた。さあいこうか、と彼を見ると、まさかの春服メンズ大学生のお花見デート服装!上が”半纏+Tシャツ”、それに下は”短パン”!!!さすがにちょっと、一緒に歩きたくないかも。「え?その恰好で行くの?ちょっとおかしくない?短パン寒そう」そういうと、「そうか?ちょっと待ってて」と言われいったん家に戻ってった。再び現れた彼は、短パンをジーンズに履き替えてきた。

 

え、いや、上も変えてほしいんだけど伝わらなかったみたい。「それ(半纏)、お気に入りかなんか?」諦めてそう聞くと、「これ暖かいから好きだし、そこまでだからいいと思って」って。そりゃ確かにそこまでだけど、友達来るんじゃないの?大丈夫なのそれ。ていうか友達が来るとはいえ、全然デートって感じじゃないし、せっかくの夜桜の雰囲気ぶち壊し過ぎる。しかしそれ以上は言えず、現地に到着。友達の姿はまだないらしく、空いてたテーブルを発見し、急いで確保して待っておくことに。二人で話しながら待ってる間の、夜桜を眺めながら近くを通る人たちの視線が一瞬、こちらに向くのがわかる。物珍しい視線が痛くてたまらなくて。私は関係ないですよというスタンスで友達をひたすら待った。

 

彼の携帯に連絡がきて、無事落ち合うことができたけど、彼の友達の服装がもう、普通だけど輝いて見えた。Tシャツ+ジーンズは一緒なのに、アウターが違うとこうも違うのか、ってくらいの差が出来ていて。春服メンズ大学生のお花見デートで友達のほうに惚れそうだったくらい。私はシンプルな服装が好きなので、普段の彼の服装にいちいち言うこともなかったけど、まさかの半纏には驚かされた。いくら近所でも、友達も来るのであれば、ある程度は場をわきまえてほしい。。春服メンズ大学生なら無理に着飾らず、流行りの服もいらない。かといって、家着は嫌だ。シンプルに統一してもらえたほうが、男らしく好感が持てる。

 

評判の良い春シャツ、スプートニクスをみてみる